管理職研修・一般社員研修



 カウンセリング
当カウンセリング オフィスでは、時間と経済的負担を軽くするために早期解決を目指しています。 クライアント様の性格、年齢、性別など、その方にあったやり方でカウンセリングをしております。
当カウンセリング・オフィスの特徴は、悩みを解決するだけにとどまらず、その悩みを「人生には意味がある」 というように考えていきます。

また悩みや失敗、挫折をする出来事があって落ち込んでいても「何一つ無駄はない」という考え方が自分でできるように 面接をしています。
常に前向きの考え方ができるようになると、うつなどの再発はほとんどありません。

 研  修
厚生労働省が提唱する職場のメンタルヘスス予防対策では、1次予防〜3次予防(ストレスの予防、早期発見早期治療、再発防止)のレベルがあり、これは従業員本人を 中心としています。
一般社員研修・ラインケアでは「ストレスマネジメント」や「セルフケア」が従業員支援プログラムでもよく行われています。

しかし最近、厚生労働省では4つ目のケアとして従業員をメンタル不全にかからせないために組織として取組む 「0次予防」が提唱されています。 この「0次予防」がもっとも重要であり、これからの組織にますます重要になっていくといわれています。
当カウンセリング・オフィスでは心理学的な知識を使い、メンタル疾患の起こりにくい健康な組織運営のために、 職場改善の視点までターゲットに入れた管理職研修・一般社員研修を提供いたします。

 コンサルテーション
休職・復職支援において人事・上司・保健士などに対応策の提案、発達障がいのある従業員の対処法に関する相談、その関係者の方々のストレスケアなどを 行っています。 またゆとり教育世代が入社してきており、打たれ弱い若手社員が最近増えているため、現在「新型うつ」が多発しています。 その対応の相談にも応じています。

パワーハラスメント、セクシャルハラスメントなどが起こった際の対応と対策の相談も受けています。
被害者は激しい怒りやフラッシュバックなどに苦しむため、訴訟問題になりかねないケースが多く見られます。
そのため、被害者の気持ちを充分に聴き、企業・家族・主治医・産業医などと協力しながら解決策を模索していきます。